塗装の剥離予防に不可欠なリン酸処理

金属製品の多くはサビの発生を防ぐために塗装を施しますが、下地処理を行わないとすぐに剥がれてしまいます。また、塗装作業中に塗料の微小な粒が金属製品の表面を傷つけてしまうケースも少なくありません。塗装前にリン酸処理を行うことで表面を滑らかに仕上げ、塗料の吸着性を向上させることができます。また、リン酸による皮膜が金属製品を保護することで、塗料の微小な粒が付着しても傷がつきません。

サビの拡大を防ぐ耐食性の向上にも効果がある

リン酸処理を行う目的として、傷から生じるサビの拡大の予防があります。どのようなコーティング処理を行っても傷を完全に防ぐことはできません。皮膜を突き破るほどの強い衝撃によって金属製品に傷ができてしまうことがあります。しかし、リン酸処理を施した物はその傷から発生したサビが広がりにくくなります。一般的な金属製品は傷を中心にして次第にサビが広がり、遂には全面をサビで覆ってしまいます。しかしリン酸処理で形成された皮膜はサビの拡大を防ぐことができるので、万が一傷がついてもそこからサビが広がることはほぼありません。特に水濡れが頻発する環境ではサビが増えやすいことから、リン酸処理による耐食性の向上は必須と言えるでしょう。

リン酸処理加工は十分な換気が不可欠

リン酸処理は金属製品をサビから守る効果的な加工処理ですが、その一方で使用する薬剤は人体に有害な成分が含まれているので十分に注意しなければいけません。薬剤に直接触れるだけではなく、発生した蒸気を吸引しても重大な健康被害に見舞われる可能性があります。保護具を着用する他、作業の際は換気を行って蒸気が籠らないように注意することを心がけます。

リン酸処理」とはリン酸亜鉛の結晶皮膜を生成させ、資材表面を保護する技術です。淡灰色~濃灰色の色合いが美しく、塗装と比較して退色や剥離が少ないため、門扉や手摺、電柱、信号機ポールなどに使われます。