LED照明はいいことばかりではない!

LEDの照明は節電・電気代の節約になる点や長期間利用することができる点など、利用することで多くのメリットを得ることができます。そのため何らかのきっかけでLED照明への変更を検討している人も多いのですが、ここで注意しておかなければいけないのはメリットだけではなくデメリットや注意点もあるという点です。もちろん、デメリットよりもメリットが多いところがLED照明の魅力とされています。それでもデメリットや注意点を知らないまま使用していると思わぬトラブルになることもあるので、メリットばかりではなくデメリットにも注目する必要があるのです。

LED照明のデメリットや注意点は?

LED照明の利用を検討する人がまず注意しなければいけないのは、どこでもLED照明にできるわけではない点です。実はLEDは熱に弱いという特性を持っていて、熱がこもりやすい場所の照明として使用すると破損してしまう可能性があります。このためLED照明は浴室には不向きだと言われており、使う場所によって向き不向きがあるのです。また購入コストが通常の照明の電灯よりもやや高い傾向があり、サイズによってはかなり高額になると言われています。ただこのデメリットは年々価格帯が下がってきていることや最終的な寿命などを踏まえるとそこまでデメリットではないと考えられているので、ある程度意識しておけば問題ありません。

ほかにはLEDは均一に光を放射することができないため、場所によって明度が異なるという注意点も挙げられています。

LEDライトパネルは視認性がいいため、遠くからでもよく見えます。また、細かい表示ができるためデザインの自由度が高いです。